ムツヘタ-ムティアネティ地方

ムツヘタ-ムティアネティ地方は、ジョージアの東部地域です。州都ムツヘタを含めた5つの地区、山岳区域で構成されています。 ムツヘタ-ムティアネティ地方西部は1992年のジョージア独立以来、南オセチア共和国の支配下になっています。

ムツヘタ-ムティアネティ地方5つの地区:

  • ムツヘタ
  • ドゥシェティ
  • ティアネティ
  • アハルゴリ
  • カズベギ

PHOTO GALLERY

ムツヘタ-ムティアネティにようこそ

Gabala – the most ancient city of Azerbaijan

Gabala is one of the most beautiful places in Azerbaijan, which is situated in the lower part of the Caucasus Mountains in the Bazar-Yurt Gorge 250 km from Baku. The history of the city is about two thousand years, and it still surprises scholars.

Modern Gabala is situated 15 km from ancient Gabala, which was the capital of Caucasian Albania for 600 years. There are the ruins of the ancient city. In the 10th century Gabala was included into the state of the Shirvanshakhs; in the 18th century it was a part of the Sheki Khanate. At that time, the Kutkash Sultanate appeared on the territory of Gabala. It was a small feudal state. When the Shekhi Khanate collapsed, the city was a part of the Nukha Country of the Yelisavetpol Province; being inside the Russian Empire, it was renamed Kutkashen, but in 1930 the previous name was returned.

The village of Nidzh, not far from Gabala, is known for a unique architectural monument of the Caucasian Albania – Udin Temple. The udins are absolutely special ethnic group who are considered descendants of Alabanians (only 10,000 of them left). They have managed to preserve their traditions, language, material and spiritual culture up to now.

Gabala is a place where one can enjoy the natural beauty along with modern city atmosphere. Let’s take tour to this tourism paradise.

 

トビリシ

トビリシ 観光
考古 学 的 記 録 によれば 、トビリシ周辺 の地 域 には、紀 元 前 4000 年 ごろから 人 々が 生 活 し ていたと 考 え ら れ ています。今日、トビリシはムトゥクヴァリ川 の 両 岸 に広が る約 150 万 人 の 密 集した都 市 です。 トビリシの旧 市 街 は街 の 中心 部 にあり、 古い中世 の 教 会や情 緒 溢れる古い家々が今も見られます。 トビリシは 多 様 な 都 市で、 他 の コーカサス の人々、ギリシャ人、ドイツ人、ユダヤ人、 アッシリア 人、エストニア 人 の コミュニティがあります。伝説 によるとトビリシは、5 世 紀半 にワフ タング・ゴルガサ リ王 がこ の 地で 狩 りをしている とき 、 数多く の 温 泉を 発 見したことでこ の 地を気 に 入 り、ここ に新しい都 市 を 建 設 す る と宣 言 し ました。こうして、ジョージア 語  で「温か い場 所」を 意 味 す るトビリシ という 名 前 を 受 けま した。創 立 以 来 トビリシ は、数 奇 な 運 命  に 翻 弄 さ れてきました。黄 金 時 代 を へ て 完 全 な 崩 壊 ま で、とても 急 速 に 惨 落 しました。こ の 街 は 歴 史 の 生 存 者 か もしれま せん。つ ま り多く の 征 服 者 を 克 服 した生 き 物で あ り、 人生 の 新しい章 を 始 め る た め の 分 岐 点 に な っ  たと  言え るでしょう。

トビリシには多くの 大 学があり、ジョージア の 学問 の 中心地でもあります。最 も 有名 な、1918年 に 設 立された トビリシ国 立 大 学(Ivane Javakhishvili Tbilisi State University)は、ジョージア で初めて の 大 学です。 の ちに数多く の 技 術 的・専 門 的 な 大 学 が 設 立されました。

主要な貿易およびパイプラインのルートでトビリシの戦略的な立地は、多くの海外銀行に注目を受けており、銀行業はトビリシの経済で第2位の大きな部門です。海外からの投資が建設ブームをもたらし、現在では、建設・不動産が経済最大の部門になりました。

ジョージアの観光 業は急成長しており、その長い歴史、おもてなしの文化、ジョージアワインと伝統料理が ジョージア 観光 を後押ししています。より多くの観光インフラが建設されるにつれて、観光業は都市経済にとっても重要になると思われます。

トビリシ 観光

Photo Gallery

Most Popular

Sakura ツアー

[cs_nearby_map places=”art_gallery,museum,amusement_park,park,bar,cafe,restaurant,night_club,casino”]

トビリシ にようこそ

トビリシ

神秘体験! アルメニア 旅行 、 アルメニア 観光 のサクラ旅行会社(Sakura Ltd)

アルメニア ツアー ,  アルメニア 旅行

アルメニア は、旧約聖書ノアの方舟がたどり着いたとされるアララト山の麓に広がる、古代エレブニからの歴史があるエレバン、そして世界最古のキリスト教国です。

アルメニア 観光 の見どころとしては、首都エレバン、宝物庫にノアの箱舟の木片を納めたエチミアジン大聖堂、ロンギヌスの槍が発見されたゲガルド岩窟修道院、雪で覆われた美しい山々、高地に眠る世界最大規模のセヴァン湖、伝統的建築とミネラルウォーターの町ディリジャン、遥かに望むアララト山、古代の精神を彷彿とさせるズヴァルトノツ古代遺跡、山々に隠された神秘的な教会などがあり、さらにホロヴァツと呼ばれる豪快な肉料理など、知る人ぞ知る美味しい料理自慢の国でもあります。

私たちの アルメニア ツアー は、魅力的で特色豊かな各地域の文化や自然に深くふれ、感じていただくための、その国でしかできない個性的なツアー作りに取り組んでいます。

有名な旅行代理店で募集しているようなありきたりなツアーは企画しておりません。ですが、個人旅行感覚でツアーを楽しみたい方には、きっとご満足いただける初めての体験ができる アルメニア 旅行 をお約束します。また、お客様からのご要望によりお好みの旅をプランニング。専門のスタッフがお客様の旅のプランニングアドバイスをいたします。

お気軽にご連絡下さい。info@sakurageorgia.com(日本語可)

アルメニア ツアー

旅のスタイルはお客様の数だけあると考えています。

アルメニア 旅行 の全期間ツアーを組むのも良いでしょう。滞在日数の内、数日だけのツアーも、航空券・ホテルまたはゲストハウス・現地の交通機関(列車など)をご自分でアレンジする手配旅行ももちろん可能です。どんな些細な手配なども自由自在です。お1人様から団体まで、旅の本質を見つめたツアーをプランニングします。

また、世界有数の信頼できる旅行保険会社との提携など、旅の快適さの追及はもちろん、安全を第一に考えたツアーも心がけています。

セヴァン湖

セヴァン湖はアルメニアが誇る美しい湖です。セヴァン湖を眺めるときは、自然の驚異を感じずにはいられないでしょう。世界でも有数の高地の湖には長い歴史と新鮮な水源があります。まるで空に接するようにみえるセヴァン湖と修道院や雪山を背景に美しい写真を撮ることができます。多くのアルメニア人も訪れる夏の アルメニア 観光 地です。また、セヴァン湖はコーカサス地域で最大の湖でもあります。

エチミアジン

エチミアジン(またはヴァガルシャパトゥ)は、アルメニアのキリスト教の中心地です。エチミアジン大聖堂は、ユネスコ世界遺産にも登録されている美しい大聖堂です。アルメニア人の最初のカトリック教徒である聖グレゴリーが、イエス・キリストが天から降りてきて、教会を建てるべき土地を金のハンマーで叩く、という預言的なビジョンを受けたことから、ティリダテス3世が、アルメニア語で「神の唯一の御子が降りた土地」を意味するエチミアジン大聖堂を創設しました。 アルメニア 観光 には欠かせません。

ズヴァルトノツ

長い間未発掘であったズヴァルトノツ古代遺跡は、かつては壮大なエチミアジン大聖堂を凌駕するほどの大聖堂でした。10世紀に起こった大地震によって無惨にも廃墟になり、今は遺跡として見ることができます。しかし、遺跡になった今なお、雄大な美しさであった大聖堂を偲ぶことができます。

ディリジャン

ディリジャンはアルメニア北東部の温泉町です。ミネラル豊富な豊かな水資源と素晴らしい建築群でも知られています。また、アルメニア国内でも近年目覚ましく開発の進んでいる、最も人気のあるリゾートの1つです。

エレバン

エレバンはアルメニアの首都であり、文化の中心地でもあります。アララト山の素晴らしい姿に目を奪われた後は、エレバンでのんびりとしたひと時を過ごすのもよいでしょう。 エレバンの散策ツアーでは、現代と古代が混ざり合ったユニークな街を発見することができます。アルメニアは小国なので アルメニア 観光 の基点になる街です。

 

私たちの アルメニア ツアー では、伝統文化、大自然への冒険など、他では体験できない特別な アルメニア 観光 ツアーをご用意しており、この国を知り尽くすために必要なものすべてを揃えています。ぜひ、美しい世界遺産と神秘の国、 アルメニア 旅行 はサクラ旅行会社(Sakura Ltd)にお任せください。

Photo Gallery

Sakura Ltd ツアー

アルメニアへの行き方

空路

エレバン の西10kmに位置するズヴァルトノツ国際空港(IATA:EVN)は、アルメニアの主要国際空港です。 アルメニア旅行

アルメニアの航空会社はアルマヴィア航空(2013年に運行停止・倒産)であり、CIS諸国、ヨーロッパ、中東の各地へ就航していました。西アジアの航空会社(シリア、イランなど)も空港に就いています。

CIS諸国から頻繁に便があります。ロシアの航空会社には、アエロフロート、S7、ウラル航空、ポレットエアラインズ、クバン航空、サラトフエアライン、タタスタンエア、UTエア、ヤマルエアラインズが含まれます。 その他には、ベラビア航空(ベラルーシ)、ドネプロアヴィア航空(ウクライナ)、SCATエアライン(カザフスタン)などがあります。

ヨーロッパのいくつかの航空会社もエレバンまで就航しています。チェコ航空、エア・フランス、オーストリア航空、LOTポーランド航空

ギュムリのシラク空港(IATA:LWN)には、ロシアから数便運航しています。

 

陸路

鉄道

ジョージアトビリシ から1日おきに夜行列車が運行しています。トルコ及びアゼルバイジャンとの列車は現在不通になっています。

イランやジョージアを経由して、アルメニアに入国することも可能です。トルコ及びアゼルバイジャンの国境は閉鎖されています。アルメニアの旅行代理店は、国境まで車の輸送を手配することができます。また、トビリシまでの輸送を手配できるジョージアの旅行代理店もあります。鉄道やバスよりも費用は高くなりますが、プライベートカーはより快適で、その日の気分で、気ままに旅ができます。

バス(ジョージアから)

2014年現在、トビリシからエレバンまで約17 USドル(30GEL)の快適なミニバス(マルシュルートカ)が運行しています。ミニバスはトビリシ鉄道駅前の駐車場(地下鉄駅名:英語:ステーションスクエア/ジョージア語:サドグリスモエダニ)をAM9:00、AM11:00、PM13:00、PM15:00、PM17:00に出発します。

ミニバスは予約も可能です。(TEL+995 598 57 12 12)ロシア語、英語でもご予約可能です。また、このミニバスは、アラヴェルディ(ハグパット修道院とサナヒン修道院に最も近い街)を経由します。

ザリシ古代遺跡

ザリシはムフラニ渓谷近郊にあるジョージアの歴史的な村で、トビリシの北西50km、ムツヘタの北西20kmに位置しています。

ザリシ古代遺跡は、青銅器時代(紀元前3000~2000年)の地層から発見されており、4つの宮殿と浴場、要塞化された丘、プール、行政区分、兵舎、水道設備、紀元前2000年の入居者の埋葬地があります。浴場は有名で、ディオニュソス教団の影響を受けた古代ギリシア神話の場面を描いたモザイク画が見られます。

PHOTO GALLERY

アナヌリ教会

 

アナヌリ教会は、この地域を統治していたアラグヴィ公爵家の持ち物でした。中世後期の特徴的な建築設計には、要塞、2つの教会、鐘楼、刑務所と市民の建物が含まれています。

ジョージア軍用道路沿いに位置し、ジョージア北部の境界線を守護するかのように立っていました。アナヌリ教会からはジンヴァリ湖(ダム湖)の美しい景色が広がっています。

PHOTO GALLERY

秘境を探検! ジョージア 旅行 、 ジョージア 観光 のサクラ旅行会社(Sakura Ltd)

ジョージア 旅行 , ジョージア ツアー

シルクロードの交差点 ジョージア(グルジア)は大コーカサス山脈、壮大な渓谷、美しい湖、川に囲まれ、黒海に面したコーカサス地方の国でワイン発祥の地として知られています。

グルジア 観光 の見どころとしては、首都トビリシ、ジョージア(グルジア)王国建国の街クタイシ、コーカサス山脈の絶景ステパンツミンダ(旧名カズベギ)、古都ムツヘタ、グルジアワインの里カヘティ地方、コーカサス山脈に点在する秘境の村々、ヴァルジア石窟都市遺跡、スターリンの故郷の街ゴリ、保養地ボルジョミ、黒海沿岸のリゾート地バトゥミ、数々の自然保護区などの グルジア 旅行 を素晴らしい経験にする名所があり、この他まだ知られていない グルジア 観光 の名所も数多く残されています。

私たちの グルジアツアー は、魅力的で特色豊かな各地域の文化や自然に深く触れ、感じていただくための、その国でしかできない個性的なツアー作りに取り組んでいます。

有名な旅行代理店で募集しているようなありきたりなツアーは企画しておりません。ですが、個人旅行感覚でツアーを楽しみたい方には、きっとご満足いただける初めての体験ができる グルジア 旅行 をお約束します。また、お客様からのご要望によりお好みの グルジアツアー をプランニング。専門のスタッフがお客様の旅のプランニングアドバイスをいたします。

お気軽にご連絡下さい。info@sakurageorgia.com(日本語可)

ジョージア ツアー

旅のスタイルはお客様の数だけあると考えています。

グルジア 旅行 の全期間ツアーを組むのも良いでしょう。滞在日数の内、数日だけのツアーも、航空券・ホテルまたはゲストハウス・現地の交通機関(列車など)をご自分でアレンジする手配旅行ももちろん可能です。どんな些細な手配なども自由自在です。お1人様から団体まで、旅の本質を見つめたツアーをプランニングします。

また、世界有数の信頼できる旅行保険会社との提携など、旅の快適さの追及はもちろん、安全を第一に考えたツアーも心がけています。

トビリシ

文化の交差点、古代からの歴史、今も進化を続けるジョージア(グルジア)の首都 トビリシ 観光 は想像力を引き立てます。ナリカラ要塞、メテヒ教会、神聖な山ムタツミンダを訪れたり、山頂へ続くケーブルカーからはトビリシの景色を眺めることができます。オペラ・バレエ国立劇場の伝統的な建築様式は興味深いものです。トビリシには温泉がいくつも有ります。アバノトゥバニ(硫黄温泉の公衆浴場)では詩人プーシキンも楽しんだかもしれないお湯を堪能できるかもしれません。街の始まりの歴史から、今も変わりゆく街を トビリシツアー で知り、体験して下さい。

カヘティ地方

ワイン発祥の地でワイナリーを巡るワインツアーはいかがでしょうか? テラビとシグナギでは、ジョージア(グルジア)の長い歴史を誇る主要なワイン生産地域ならではの、ゆったりと情緒に満ちた時間を過ごせるでしょう。暖かい人々、美味しい郷土料理、心を和ませる素晴らしい風景があなたを待っています。

バトゥミ

アジャラ地方の首都バトゥミは、贅沢なエンターテイメントの街として近年急速に発展し、ジョージア(グルジア)南部の魅力を発信しています。シーサイドリゾートやエンターテイメントの新しい ジョージア 観光 スポットです。また考古学博物館、聖母マリア大聖堂、聖ニコラス教会、ゴニオ要塞などの歴史的スポットも数多くあります。

ムツヘタ-ムティアネティ地方

この地方にある古都ムツヘタはこの国の信仰の中心地であり、キリスト教がジョージア(グルジア)で国教として宣言された聖地です。この地方には グルジア 観光 の見どころも多く、ステパンツミンダ(旧名カズベギ)はコーカサス山脈の目を見張るような壮麗な自然にも恵まれています。またアナヌリ教会、ザリシ古代遺跡などの歴史遺産も数多くあり、ムツヘタのジュワリ修道院、スヴェティツホベリ大聖堂はジョージア(グルジア)正教を知る上で見逃せない場所です。

グダウリ

12月から4月まではウインタースポーツが盛んです。スキー、ヘリスキー、パラグライダーなど、冬のグダウリにはビギナーからファミリー、そしてプロまでが楽しめるゲレンデが数多くあります。ウインターシーズンならではの グルジア 旅行 の楽しみ方です。

私たちの ジョージア ツアー では、伝統文化、大自然への冒険など、他では体験できない特別な ジョージア 観光 ツアーをご用意しており、この国を知り尽くすために必要なものすべてを揃えています。ぜひ、秘境の国 ジョージア 旅行 はサクラ旅行会社(Sakura Ltd)にお任せください。

ジョージア旅行

ジョージア旅行

ジョージア旅行

ジョージア旅行

ジョージア旅行

ジョージア旅行

ジョージア旅行

ジョージア旅行

ジョージアへの行き方

ジョージア 旅行

空路

ショタ・ルスタヴェリ トビリシ国際空港

首都 トビリシ の南東17kmに位置する ジョージア の主要国際空港です。空港は2005年に国際基準に近代化されました。TAV が運営しています。

ヨーロッパ、北米、アジアの主要な各都市からのフライトが就航しています。

パリ(ジョージアン・エアウェイズ)、ウィーン(オーストリア航空)、ワルシャワ(LOT Airlines)、キエフ(ジョージアン・エアウェイズ)、ミュンヘン(ルフトハンザ航空)、アテネ(ジョージアン・エアウェイズ)、リガ(エア・バルティック)、イスタンブール(トルコ航空) プラハ(チェコ航空)、アムステルダム(ジョージアン・エアウェイズ)、ミンスク(ベラヴィア)、アテネ(エーゲ航空)、ドバイ(フライドバイ)、ドーハ(カタール航空)など。

ダヴィト・ザ・ビルダー クタイシ国際空港

クタイシ国際空港は、 ジョージア で2番目に大きな都市クタイシの西14kmに位置しています。空港は2012年に再建されたこの地域で初めての国際空港で、定評のある空港サービスを提供しています。空港は United Airports of Georgia によって運営されています。

クタイシ国際空港へは、ベルリン、ブダペスト、ドルトムント、カトヴィツェ、ラルナカ、メミンゲン(ミュンヘン)、ミラノ、ソフィア、テッサロニキ、ビリニュス、ワルシャワ、などの各都市からウィズエアー(Wizzair)が就航しています。また、トルコのサビハ・ギョクチェン国際空港(イスタンブール)からはペガサス航空が就航しています。

空港からトビリシを含む ジョージア の各主要都市までは、 ジョージア のバス会社が運行しています。空港出発及び到着時間に合わせてバスは運行されています。

アレクサンダー・カルトヴェリ バトゥミ国際空港

バトゥミ国際空港は、バトゥミから南へ2kmに位置しています。トルコのホパから北東に20kmに位置する空港は、 グルジア とトルコ東北部の国内線および国際線空港として利用されています。2007に改装され、 TAV によって運営されています。

トルコ航空はバトゥミとイスタンブールの間を毎日運航しています。ウクライナのハリコフ、キエフ、ベラルーシのミンスクからもベラヴィア(Belarusian Airlines /週2便)がバトゥミ国際空港へ就航しています。 空港へはミニバスとタクシーで簡単にアクセスできます。

陸路

バス

トルコのイスタンブールからトビリシ行きのバスが運行しています。また、トビリシ~アゼルバイジャンのバクーには、直通のバスが数本運行しています。

ミニバス(マルシュルートカ)

ジョージア には国内各都市や隣国各都市への国際線を運行するミニバスが数多く運行しています。(ロシア、アゼルバイジャン、アルメニア、イラン、イラク間など) 通常ミニバスはトビリシのディドベバスターミナル(地下鉄ディドベ駅)が始発・終着駅になります。

トビリ シ以外では、他のバスターミナルまたは町の広場・主要道路交差点などです。

鉄道

アゼルバイジャンのバクーからトビリシ行きの列車が運行しています。

トルコのカルス(トルコ北東部の都市)とアゼルバイジャンのバクーを結ぶ鉄道が2017年に運行予定です。トビリシ~イスタンブール間、さらには欧州へも列車で直結することになるでしょう 。また、トビリシ~エレバン(アルメニア)間も列車が運行しています。

海路

フェリー

ジョージア の主要な港町バトゥミ、ポチからは黒海沿岸の国々へフェリーが就航しています。

イリチェフスク(ウクライナ)、トラブゾン、イスタンブール(トルコ)、ブルガス、ヴァルナ(ブルガリア)、ソチ、ノヴォロシースク(ロシア)これらの港からフェリーが就航しています。

ジョージア 旅行

ジョージア ビザ(査証)情報

ジョージア滞在 の目的に応じて、さまざまな種類のビザがあります。留学または仕事をして住んでいるかに関わらず、外国人はそれぞれに対応するジョージアビザを申請しなければなりません。ビザが必要かどうか、またはジョージア国内を通過するビザが必要かどうかを確認する簡単な方法は下の「DO I NEED VISA?(ビザが必要?)」をクリックしてオンライン申請で確認することです。

2017年1月現在、日本国旅券(パスポート)所持の方は1年以内の滞在の場合、ビザ免除になります。パスポート残存有効期間は6ヵ月以上必要です。

ビザ条件は変更が多いため、最新情報は大使館などでご確認ください。

DO I NEED VISA?

ジョージア のビザを免除されておらず、ジョージアに入国しようとする外国人は、その目的に対応したビザを取得しなければなりません。ジョージア のビザを取得する方法は、E-Visa PortalからE-Application Systemを使用して書類を提出することができます。申請に必要な書類は、申請者が希望するビザの種類(在留資格)によって異なります。

E-VISA PORTAL

ジョージア にようこそ

スヴェティツホベリ大聖堂

ムツヘタの主要な教会の1つであるスヴェティツホベリ大聖堂は、4世紀に最初の木造教会が建立され、11世紀に建築家アルスキスゼによって現在の石造の大聖堂に建て替えられました。

スヴェティツホベリは「生命の柱」という意味であり、キリストの聖骸布が教会の下に眠っているとされる聖なる場所です。聖骸布が埋葬された場所に巨大なスギの木が育ち、4世紀に聖ニノによって教会を建てる場所として選ばれました。この不思議な木は、教会を建設するために使用されました。この木からは聖油が流れ出て、この油により民衆の病を救ったと言われています。現在も教会の前では「聖なる油」が販売されています。

PHOTO GALLERY

アバノトゥバニ( 硫黄温泉の公衆浴場 )

トビリシ旧市街 の メテヒ教会対岸にある、地面から突出した多数 のドームを有するアバノトゥバニ( 硫黄温泉の公衆浴場 )は、天然硫黄温泉による治癒効果があります。歴史家は、これらの公衆浴場は、おそらくアラブ統治期(7~8世紀)に建設されたと考えられています。繁栄期にはおよそ68 の 浴場がありましたが、17世紀まで の 、度重なる侵略によって破壊され、そ の 数はわずか6に減少しました。

印象的なイスラム様式 の 建物は、オルベリアニ家 の 名前を冠したオルベルアニ・バスハウスと呼ばれています。ファサード上 の モザイクのスタイルは、イスラム文化 の 影響 の 名残が見られます。建物は17世紀後半 の も の ですが、19世紀から20世紀にかけて大幅に改装されました。

PHOTO GALLERY

シオニ大聖堂

シオニ大聖堂はイベリア王国の王グアラム1世の時代に着工され、620年アダルナセ1世統治の時代に完成しました。いくどの混乱と破壊のたびに、大聖堂は新しい要素を追加して再建されました。トビリシの歴史を象徴する建築といえるかもしれません。一般的な構造は、13世紀のジョージア黄金時代からのものです。

19世紀にはグリゴリー・ガガーリン(ロシアの画家、少将、行政官)のデザインによって教会全体が再描画されました。今日、ガガーリンのフレスコ画は大聖堂の上部に見えます。1989年に完成した下部の壁を飾るフレスコ画はアーティストのレヴァン・ツツキリゼの作品でとても現代的です。大聖堂のすべてのイコンはジョージア語で書かれています。

PHOTO GALLERY