ムツヘタ-ムティアネティ地方

ムツヘタ-ムティアネティ地方は、ジョージアの東部地域です。州都ムツヘタを含めた5つの地区、山岳区域で構成されています。 ムツヘタ-ムティアネティ地方西部は1992年のジョージア独立以来、南オセチア共和国の支配下になっています。

ムツヘタ-ムティアネティ地方5つの地区:

  • ムツヘタ
  • ドゥシェティ
  • ティアネティ
  • アハルゴリ
  • カズベギ

PHOTO GALLERY

ムツヘタ-ムティアネティにようこそ

Gabala – the most ancient city of Azerbaijan

Gabala is one of the most beautiful places in Azerbaijan, which is situated in the lower part of the Caucasus Mountains in the Bazar-Yurt Gorge 250 km from Baku. The history of the city is about two thousand years, and it still surprises scholars.

Modern Gabala is situated 15 km from ancient Gabala, which was the capital of Caucasian Albania for 600 years. There are the ruins of the ancient city. In the 10th century Gabala was included into the state of the Shirvanshakhs; in the 18th century it was a part of the Sheki Khanate. At that time, the Kutkash Sultanate appeared on the territory of Gabala. It was a small feudal state. When the Shekhi Khanate collapsed, the city was a part of the Nukha Country of the Yelisavetpol Province; being inside the Russian Empire, it was renamed Kutkashen, but in 1930 the previous name was returned.

The village of Nidzh, not far from Gabala, is known for a unique architectural monument of the Caucasian Albania – Udin Temple. The udins are absolutely special ethnic group who are considered descendants of Alabanians (only 10,000 of them left). They have managed to preserve their traditions, language, material and spiritual culture up to now.

Gabala is a place where one can enjoy the natural beauty along with modern city atmosphere. Let’s take tour to this tourism paradise.

 

マヒンジャウリ

 

湿度が高く亜熱帯気候なマヒンジャウリは、バトゥミの北5kmに位置する黒海沿岸の保養地です。海岸線は標高15〜25mで始まり、最終的には1000〜1300mに達します。1904年からマヒンジャウリで始まった温泉治療は、関節系、末梢神経系および婦人科疾患に効用があるとされている。

PHOTO GALLERY

サルピ、ゴニオ、クヴァリアティ

サルピ、ゴニオ、クヴァリアティは、ジョージアの黒海沿岸バトゥミから南へ18 kmに位置する、ジョージアの若者だけでなく、海外の若者にも人気の有数のリゾート地です。ビーチから5〜30mのところに山脈がそびえており、驚くほど急に、海の景色は山に変わります。ビーチからでも、妖精が出てきそうな森、優雅な滝、綺麗な小川を散策できます。

7月には、これらのリゾートの水温は平均25℃になります。

PHOTO GALLERY

ムツヴァネコンツヒ

 

バトゥミから北へ9kmに位置する、ムツヴァネコンツヒは、ジョージアで最も美しい黒海沿岸のリゾート地の1つです。ムツヴァネコンツヒの海岸線は、海水浴や日光浴だけでなくダイビングにも最適です。旧ソビエト圏で最大規模のバトゥミ植物園もこの地域にあります。

PHOTO GALLERY

コブレティ

 

コブレティは、黒海の東海岸に位置するアジャラ地方(アジャラ自治共和国)の町です。毎年ジョージア人やCIS諸国の人々がたくさん訪れる黒海沿岸のリゾート地です。ツィヒスジリ、チャクビは、コブレティ地区の一部になります。さらに、キントリシ、イスパニ、ムティララ国立公園の保護区域は、自然愛好家にとって魅力的な場所で、優れたエコツアーを体験できます。

 

PHOTO GALLERY

アナクリア

 

アナクリアは、近年新しく開発されたジョージアのリゾート地で、黒海の南東に位置しています。数年前までアナクリアは2つの村しかなく、人口はわずか2500人でした。しかし現在、アナクリアはレストラン、豪華なホテル、エンターテイメント施設などを備えたリゾート地として日々急速に発展しています。

 

PHOTO GALLERY

ツィヒスジリとチャクビ

 

はバトゥミの北17kmに位置しています。海と山が近いツィヒスジリは、とても変わった気候をしています。

チャクビはバトゥミから13kmに位置しています。チャクビはジョージアンティーの故郷と考えられています。中国の科学者ラオが最初にジョージアでお茶を栽培したのはチャクビでした。

PHOTO GALLERY

トビリシ

トビリシ 観光
考古 学 的 記 録 によれば 、トビリシ周辺 の地 域 には、紀 元 前 4000 年 ごろから 人 々が 生 活 し ていたと 考 え ら れ ています。今日、トビリシはムトゥクヴァリ川 の 両 岸 に広が る約 150 万 人 の 密 集した都 市 です。 トビリシの旧 市 街 は街 の 中心 部 にあり、 古い中世 の 教 会や情 緒 溢れる古い家々が今も見られます。 トビリシは 多 様 な 都 市で、 他 の コーカサス の人々、ギリシャ人、ドイツ人、ユダヤ人、 アッシリア 人、エストニア 人 の コミュニティがあります。伝説 によるとトビリシは、5 世 紀半 にワフ タング・ゴルガサ リ王 がこ の 地で 狩 りをしている とき 、 数多く の 温 泉を 発 見したことでこ の 地を気 に 入 り、ここ に新しい都 市 を 建 設 す る と宣 言 し ました。こうして、ジョージア 語  で「温か い場 所」を 意 味 す るトビリシ という 名 前 を 受 けま した。創 立 以 来 トビリシ は、数 奇 な 運 命  に 翻 弄 さ れてきました。黄 金 時 代 を へ て 完 全 な 崩 壊 ま で、とても 急 速 に 惨 落 しました。こ の 街 は 歴 史 の 生 存 者 か もしれま せん。つ ま り多く の 征 服 者 を 克 服 した生 き 物で あ り、 人生 の 新しい章 を 始 め る た め の 分 岐 点 に な っ  たと  言え るでしょう。

トビリシには多くの 大 学があり、ジョージア の 学問 の 中心地でもあります。最 も 有名 な、1918年 に 設 立された トビリシ国 立 大 学(Ivane Javakhishvili Tbilisi State University)は、ジョージア で初めて の 大 学です。 の ちに数多く の 技 術 的・専 門 的 な 大 学 が 設 立されました。

主要な貿易およびパイプラインのルートでトビリシの戦略的な立地は、多くの海外銀行に注目を受けており、銀行業はトビリシの経済で第2位の大きな部門です。海外からの投資が建設ブームをもたらし、現在では、建設・不動産が経済最大の部門になりました。

ジョージアの観光 業は急成長しており、その長い歴史、おもてなしの文化、ジョージアワインと伝統料理が ジョージア 観光 を後押ししています。より多くの観光インフラが建設されるにつれて、観光業は都市経済にとっても重要になると思われます。

トビリシ 観光

Photo Gallery

Most Popular

Sakura ツアー

[cs_nearby_map places=”art_gallery,museum,amusement_park,park,bar,cafe,restaurant,night_club,casino”]

トビリシ にようこそ

トビリシ

神秘体験! アルメニア 旅行 、 アルメニア 観光 のサクラ旅行会社(Sakura Ltd)

アルメニア ツアー ,  アルメニア 旅行

アルメニア は、旧約聖書ノアの方舟がたどり着いたとされるアララト山の麓に広がる、古代エレブニからの歴史があるエレバン、そして世界最古のキリスト教国です。

アルメニア 観光 の見どころとしては、首都エレバン、宝物庫にノアの箱舟の木片を納めたエチミアジン大聖堂、ロンギヌスの槍が発見されたゲガルド岩窟修道院、雪で覆われた美しい山々、高地に眠る世界最大規模のセヴァン湖、伝統的建築とミネラルウォーターの町ディリジャン、遥かに望むアララト山、古代の精神を彷彿とさせるズヴァルトノツ古代遺跡、山々に隠された神秘的な教会などがあり、さらにホロヴァツと呼ばれる豪快な肉料理など、知る人ぞ知る美味しい料理自慢の国でもあります。

私たちの アルメニア ツアー は、魅力的で特色豊かな各地域の文化や自然に深くふれ、感じていただくための、その国でしかできない個性的なツアー作りに取り組んでいます。

有名な旅行代理店で募集しているようなありきたりなツアーは企画しておりません。ですが、個人旅行感覚でツアーを楽しみたい方には、きっとご満足いただける初めての体験ができる アルメニア 旅行 をお約束します。また、お客様からのご要望によりお好みの旅をプランニング。専門のスタッフがお客様の旅のプランニングアドバイスをいたします。

お気軽にご連絡下さい。info@sakurageorgia.com(日本語可)

アルメニア ツアー

旅のスタイルはお客様の数だけあると考えています。

アルメニア 旅行 の全期間ツアーを組むのも良いでしょう。滞在日数の内、数日だけのツアーも、航空券・ホテルまたはゲストハウス・現地の交通機関(列車など)をご自分でアレンジする手配旅行ももちろん可能です。どんな些細な手配なども自由自在です。お1人様から団体まで、旅の本質を見つめたツアーをプランニングします。

また、世界有数の信頼できる旅行保険会社との提携など、旅の快適さの追及はもちろん、安全を第一に考えたツアーも心がけています。

セヴァン湖

セヴァン湖はアルメニアが誇る美しい湖です。セヴァン湖を眺めるときは、自然の驚異を感じずにはいられないでしょう。世界でも有数の高地の湖には長い歴史と新鮮な水源があります。まるで空に接するようにみえるセヴァン湖と修道院や雪山を背景に美しい写真を撮ることができます。多くのアルメニア人も訪れる夏の アルメニア 観光 地です。また、セヴァン湖はコーカサス地域で最大の湖でもあります。

エチミアジン

エチミアジン(またはヴァガルシャパトゥ)は、アルメニアのキリスト教の中心地です。エチミアジン大聖堂は、ユネスコ世界遺産にも登録されている美しい大聖堂です。アルメニア人の最初のカトリック教徒である聖グレゴリーが、イエス・キリストが天から降りてきて、教会を建てるべき土地を金のハンマーで叩く、という預言的なビジョンを受けたことから、ティリダテス3世が、アルメニア語で「神の唯一の御子が降りた土地」を意味するエチミアジン大聖堂を創設しました。 アルメニア 観光 には欠かせません。

ズヴァルトノツ

長い間未発掘であったズヴァルトノツ古代遺跡は、かつては壮大なエチミアジン大聖堂を凌駕するほどの大聖堂でした。10世紀に起こった大地震によって無惨にも廃墟になり、今は遺跡として見ることができます。しかし、遺跡になった今なお、雄大な美しさであった大聖堂を偲ぶことができます。

ディリジャン

ディリジャンはアルメニア北東部の温泉町です。ミネラル豊富な豊かな水資源と素晴らしい建築群でも知られています。また、アルメニア国内でも近年目覚ましく開発の進んでいる、最も人気のあるリゾートの1つです。

エレバン

エレバンはアルメニアの首都であり、文化の中心地でもあります。アララト山の素晴らしい姿に目を奪われた後は、エレバンでのんびりとしたひと時を過ごすのもよいでしょう。 エレバンの散策ツアーでは、現代と古代が混ざり合ったユニークな街を発見することができます。アルメニアは小国なので アルメニア 観光 の基点になる街です。

 

私たちの アルメニア ツアー では、伝統文化、大自然への冒険など、他では体験できない特別な アルメニア 観光 ツアーをご用意しており、この国を知り尽くすために必要なものすべてを揃えています。ぜひ、美しい世界遺産と神秘の国、 アルメニア 旅行 はサクラ旅行会社(Sakura Ltd)にお任せください。

Photo Gallery

Sakura Ltd ツアー

アルメニアへの行き方

空路

エレバン の西10kmに位置するズヴァルトノツ国際空港(IATA:EVN)は、アルメニアの主要国際空港です。 アルメニア旅行

アルメニアの航空会社はアルマヴィア航空(2013年に運行停止・倒産)であり、CIS諸国、ヨーロッパ、中東の各地へ就航していました。西アジアの航空会社(シリア、イランなど)も空港に就いています。

CIS諸国から頻繁に便があります。ロシアの航空会社には、アエロフロート、S7、ウラル航空、ポレットエアラインズ、クバン航空、サラトフエアライン、タタスタンエア、UTエア、ヤマルエアラインズが含まれます。 その他には、ベラビア航空(ベラルーシ)、ドネプロアヴィア航空(ウクライナ)、SCATエアライン(カザフスタン)などがあります。

ヨーロッパのいくつかの航空会社もエレバンまで就航しています。チェコ航空、エア・フランス、オーストリア航空、LOTポーランド航空

ギュムリのシラク空港(IATA:LWN)には、ロシアから数便運航しています。

 

陸路

鉄道

ジョージアトビリシ から1日おきに夜行列車が運行しています。トルコ及びアゼルバイジャンとの列車は現在不通になっています。

イランやジョージアを経由して、アルメニアに入国することも可能です。トルコ及びアゼルバイジャンの国境は閉鎖されています。アルメニアの旅行代理店は、国境まで車の輸送を手配することができます。また、トビリシまでの輸送を手配できるジョージアの旅行代理店もあります。鉄道やバスよりも費用は高くなりますが、プライベートカーはより快適で、その日の気分で、気ままに旅ができます。

バス(ジョージアから)

2014年現在、トビリシからエレバンまで約17 USドル(30GEL)の快適なミニバス(マルシュルートカ)が運行しています。ミニバスはトビリシ鉄道駅前の駐車場(地下鉄駅名:英語:ステーションスクエア/ジョージア語:サドグリスモエダニ)をAM9:00、AM11:00、PM13:00、PM15:00、PM17:00に出発します。

ミニバスは予約も可能です。(TEL+995 598 57 12 12)ロシア語、英語でもご予約可能です。また、このミニバスは、アラヴェルディ(ハグパット修道院とサナヒン修道院に最も近い街)を経由します。