セヴァン湖

約2万5千年前のゲガマ山脈の噴火は川や谷を形作りました。そこに周囲の山々から流出した土砂が堆積し、後に河川からの水で満たされました。その結果、セヴァン湖は生まれました。

セヴァン湖の周辺の気候は素晴らしく、どんなに暑い時期でも常に快適に過ごせます。夏の水温は18~20℃になります。

セヴァン湖の湖岸線は、深い森林、白い険しい岩、草原に覆われた高山の牧草地、シーバックソーン(ユーラシア産のグミ科の灌木)と松の木、そして小石のビーチで非常に美しいです。 この美しい景観に、冠雪した山の頂上にまさしく触れている、ホイップクリームのような雲が加わります。セヴァン周辺の土地は国立公園に属しています。

セヴァンの絶景には息を吞まずにはいられません。さらに、周囲の山の空気はいつも澄んでいて新鮮で海風に匹敵するほどです。

繰り返し詩や散文のなかで讃えられてきたセヴァン湖は、実際それ以上です。その澄んだ水は、天気や時間によって色が変わり、晴れているときは青緑色に、風の強いときは灰色に、夜には銀色になります。

セヴァン湖では、アルメニア語で「イシュハン」と呼ばれる絶滅の危機に瀕したマスが有名です。その優れた味のおかげで、地元のグルメ達にとっての真の珍味となりました。アルメニアの食通たちのために、マス専門の養殖場があります。

セヴァン湖の厳しい独特な美しさと、湖を囲むアルメニアの独特な建築様式で建てられた多くの教会の魅力は、誰もが忘れることが出来ないでしょう。

Photo Gallery