アジャラ自治共和国

アジャラ自治共和国はジョージア国内での自治共和国になります。ジョージア南西部、トルコ北部、コーカサス山脈のふもと黒海沿岸に位置します。

この地域は古代には、コルキス王国(紀元前6世紀から紀元前1世紀にかけて存在した、最初のジョージア国家)・イベリア王国(紀元前1世紀から紀元後1世紀にかけて存在した)に属していました。紀元前5世紀にギリシャ人によって植民地化されたこの地域は、紀元前2世紀にはローマ帝国の属州になりました。その後、9世紀になってアジャラはジョージア王国に統合されます。1614年オスマン帝国がこの地域を征服しました。この時、アジャラの人々はイスラム教に改宗しました。1878年オスマン帝国はロシア帝国にアジャラを明け渡し、ロシア帝国に併合されます。1920年にはジョージア民主共和国の一部となりました。

ジョージアでも有数の観光地であり、州都であるバトゥミは国内2番目の都市です。人口は約35万人、面積は2,880 km2

アジャラは6つの行政区に別れています。

  • バトゥミ市
  • ケダ地区
  • コブレティ地区
  • ヘルヴァチャウリ地区
  • シュアヘヴィ地区
  • フロ地区

Sakura ツアー

[cs_nearby_map places=”art_gallery,museum,amusement_park,spa,food,cafe,restaurant,night_club,casino”]

アジャラにようこそ !