バグラティ大聖堂

ジョージア正教会の生神女就寝祭を記憶するバグラティ大聖堂は、1003年にジョージアの王バグラト3世によってクタイシに建てられました。大聖堂は石造りの彫刻で有名で、中世ジョージアのドーム型教会建築の素晴らしい建築物の1つです。古代の城砦、王宮として6世紀から17世紀まで最も重要な城の1つでした。

大聖堂はウキメリオニの丘の頂上に位置し、クタイシの素晴らしい景色を望めます。

また、1994年にユネスコ世界文化遺産に登録されました。

PHOTO GALLERY