アラヴェルディ修道院

アラヴェルディ修道院は、カヘティ地方のアフメタから25kmに位置するジョージア正教会の修道院です。 修道院の一部は6世紀にまでさかのぼりますが、現在の大聖堂は11世紀に建てられ、古い教会に取って代わりました。

アラヴェルディ修道院は、まだ異教の中心地だったこの小さな町を訪れた聖ヨセフ・アラヴェルディリ(アッシリア13教父の1人)によって設立され、聖ヨセフはこの地に定住しました。55m以上の高さがあるアラヴェルディ大聖堂は、2004年に奉献されたトビリシの聖サメバ大聖堂(至聖三者大聖堂)についで、ジョージアで2番目に高い宗教建築物です。

ワイン発祥の中心部に位置し、アラヴェルディ修道院ワインセラーとしても知られています。

PHOTO GALLERY