ダヴィト・ガレジ石窟修道院

アゼルバイジャンとの国境に位置するダヴィト・ガレジ(またはガレジャ)石窟修道院は、ジョージアの首都トビリシの南東約60〜70km、カヘティ地方に位置するガレハ山の半砂漠の斜面に位置する、ジョージアの歴史的遺産の中でも最も目立つものの1つです。岩山に築かれたジョージア正教会の修道院です。アッシリア13教父の修道士のうちの1人であるダヴィト(聖ダヴィト・ガレジェリ)によって6世紀に設立されました。

この修道院には、何百もの部屋、教会、礼拝堂、修道院、岩肌には窪んだ居住区があります。13の修道院で構成されており、特に興味深いのは、ラヴラ制(ラヴラでは修道院長は存在するが、普段は個々人で生活し、主日などの教会の祭日には聖体礼儀のために聖堂に集まるという形態)とウダブノ修道院です。

11世紀にダヴィト・ガレジ石窟修道院は、広い階段状の中庭、新たな部屋、食堂、教会が増築され、そのプール、流路、貯水池が追加されました。11~13世紀に修道院は栄華を極め、新しい修道院 – ウダブノ、バルトゥバニ、チクヒトゥリが建てられました。ジョージアの統一と同時期に、教会は素晴らしいフレスコ画を入手しました。フレスコ画は、素晴らしい色彩及び技術を駆使して宗教的なテーマを表現していますが、一部には、歴史的な人物「建設王ダヴィト(ナトリスムツェメリ修道院)、タマル女王(バルトゥバニ修道院)、デミトリ王(ウダブノ修道院)」の肖像画も描かれています。12世紀に修道院は、ジョージア東部の文化と教育の中心地に変わりました。

修道院は1265年にモンゴルによって破壊されました。14世紀にギオルギ5世によって再建されます。しかし、1615年の復活祭の夜に、シャー・アッバースの兵士の襲撃を受け、6000名の修道士が殺害されるともに、多くの芸術的財産が破壊されました。修道院は19世紀の終わりまで活動を続けていましたが、以前の隆盛を取り戻すことはありませんでした。

過去に宗教的、文化的な生活の中心だったダヴィト・ガレジ石窟修道院は、10〜11世紀の建築様式と独創的なフレスコ画で、今でも観光や巡礼の人気スポットとしての役割を果たしています。修道院の信仰によると、岩窟修道院へ3回巡礼すれば、エルサレムへ巡礼したのにも等しいと考えられています。そして、修道院は今日も活発に活動しています。

PHOTO GALLERY