テラヴィ

 

ジョージア、カヘティ地方の州都テラビは、人口約21,800人の行政中心地です。標高500〜800mのゴンボリ山脈の麓に位置しています。テラビとその近郊には、歴史的建造物や自然遺産が豊富にあります。その美しい景色、歴史的建造物、そして最も重要なのは、おもてなしの精神と住民の優しさでしょう。テラビはジョージアで人気の観光地の1つです。

 

重要な建築物遺産:

  • 城壁 初代カヘティ王の要塞城壁跡(9世紀〜10世紀)
  • 聖マリア教会(16世紀)
  • 聖三位一体教会(6世紀)
  • 17世紀に建てられた初代カヘティ王の要塞「バトニスツィヘ (fortress of master)」
  • 保存状態が良い中世の宮殿(現在、チュビナシュヴィリ博物館)がある
  • “コルチバシュヴィレヴィスツィヘ”(16~18世紀)と名付けられた地元の貴族(コルチバシュヴィリス)の城
  • “ヴァフヴァヒシュヴィレビスツィヘ”(18世紀)と名付けられた地元の貴族(ヴァフヴァヒシュヴィリス)の城