ツィナンダリ

ツィナンダリは、トビリシから東に79kmに位置するカヘティ地方の村です。19世紀の貴族であり有名な詩人のアレクサンドル・チャフチャヴァゼが所有していた邸宅とワイナリーがあります。

ツィナンダリの村にある邸宅は、先祖代々の遺産であり、華麗な宮殿です。ジョージアの歴史上の人物のなかでも特に美しく悲劇的な人生を辿りました。ツィナンダリの邸宅はチャフチャヴァゼの憧れを反映したものともいえましょう。彼は建築と内部様式にヨーロッパの技術を用いただけでなく、邸宅の周りには英国式の庭園も配しました。さらに、イギリスから専属の庭師も呼び寄せました。願望はとどまることなく、チャフチャヴァゼはヨーロッパ最高のワイン職人を招き、ヨーロッパの技術に基づいてワインを生産する最初のワイン工場を建設しました。

チャフチャヴァゼ家の先祖代々の土地の変遷には、ジョージアの歴史が色濃く現れています。今では世界中の観光客で賑わうチャフチャヴァゼ庭園博物館は、19世紀のインテリアがほぼ完全に修復されています。また、在りし日々を生き生きと偲ばせる日用品も可能な限り子孫から集められています。チャフチャヴァゼの娘に刺繍されたスザネ(suzane)、アンナ・イリニチナ(Anna Ilinichna)によって描かれたイマヌ・シャミル(Imam Shamil)の絵画、詩の創作した作業机、グランドピアノ、その他個人的な嗜好品や本が収められています。博物館では定期的に美術展が開催され、建物の地下ではワイン試飲パーティーが開かれます。

PHOTO GALLERY