ジュワリ修道院

ムツヘタの町を見下ろす丘の上に建てられたジュワリ修道院は、中世初期四葉型(テトラコンチ)型建築の典型であり傑作です。聖ニノがこの場所に大きな木製の十字架を立てたと伝えられ、この場所に教会が建てられました。今でも、その台座は教会の中に見ることができます。

内装はモザイク画で装飾されていましたが、現在は見ることは出来ません。しかし、ムツヘタの町を一望できるジュワリ修道院からの景色は壮大で、きっと訪れた人の心に残るでしょう。

PHOTO GALLERY