ステパンツミンダにようこそ

ステパンツミンダ(カズベギ)

ステパンツミンダ(旧名カズベギ)はトビリシから北へ157kmに位置する、ジョージア北東部ムツヘタ-ムティアネティ地方の、テルギ川に沿って広がっている小さな村です。歴史的にも民族的にも、村はヘヴィ地区になります。

ステパンツミンダは大コーカサス山脈の絶景で知られており、トレキングや登山でとても人気があります。村には、カズベギ博物館と民族学博物館があり、カズベギ山の頂上に建つゲルゲティ・サメバ教会、高山の自然が豊かなカズベギ国立公園もあります。