トビリシ

トビリシ 観光
考古 学 的 記 録 によれば 、トビリシ周辺 の地 域 には、紀 元 前 4000 年 ごろから 人 々が 生 活 し ていたと 考 え ら れ ています。今日、トビリシはムトゥクヴァリ川 の 両 岸 に広が る約 150 万 人 の 密 集した都 市 です。 トビリシの旧 市 街 は街 の 中心 部 にあり、 古い中世 の 教 会や情 緒 溢れる古い家々が今も見られます。 トビリシは 多 様 な 都 市で、 他 の コーカサス の人々、ギリシャ人、ドイツ人、ユダヤ人、 アッシリア 人、エストニア 人 の コミュニティがあります。伝説 によるとトビリシは、5 世 紀半 にワフ タング・ゴルガサ リ王 がこ の 地で 狩 りをしている とき 、 数多く の 温 泉を 発 見したことでこ の 地を気 に 入 り、ここ に新しい都 市 を 建 設 す る と宣 言 し ました。こうして、ジョージア 語  で「温か い場 所」を 意 味 す るトビリシ という 名 前 を 受 けま した。創 立 以 来 トビリシ は、数 奇 な 運 命  に 翻 弄 さ れてきました。黄 金 時 代 を へ て 完 全 な 崩 壊 ま で、とても 急 速 に 惨 落 しました。こ の 街 は 歴 史 の 生 存 者 か もしれま せん。つ ま り多く の 征 服 者 を 克 服 した生 き 物で あ り、 人生 の 新しい章 を 始 め る た め の 分 岐 点 に な っ  たと  言え るでしょう。

トビリシには多くの 大 学があり、ジョージア の 学問 の 中心地でもあります。最 も 有名 な、1918年 に 設 立された トビリシ国 立 大 学(Ivane Javakhishvili Tbilisi State University)は、ジョージア で初めて の 大 学です。 の ちに数多く の 技 術 的・専 門 的 な 大 学 が 設 立されました。

主要な貿易およびパイプラインのルートでトビリシの戦略的な立地は、多くの海外銀行に注目を受けており、銀行業はトビリシの経済で第2位の大きな部門です。海外からの投資が建設ブームをもたらし、現在では、建設・不動産が経済最大の部門になりました。

ジョージアの観光 業は急成長しており、その長い歴史、おもてなしの文化、ジョージアワインと伝統料理が ジョージア 観光 を後押ししています。より多くの観光インフラが建設されるにつれて、観光業は都市経済にとっても重要になると思われます。

トビリシ 観光

Photo Gallery

Most Popular

Sakura ツアー

[cs_nearby_map places=”art_gallery,museum,amusement_park,park,bar,cafe,restaurant,night_club,casino”]

トビリシ にようこそ

トビリシ