シオニ大聖堂

シオニ大聖堂はイベリア王国の王グアラム1世の時代に着工され、620年アダルナセ1世統治の時代に完成しました。いくどの混乱と破壊のたびに、大聖堂は新しい要素を追加して再建されました。トビリシの歴史を象徴する建築といえるかもしれません。一般的な構造は、13世紀のジョージア黄金時代からのものです。

19世紀にはグリゴリー・ガガーリン(ロシアの画家、少将、行政官)のデザインによって教会全体が再描画されました。今日、ガガーリンのフレスコ画は大聖堂の上部に見えます。1989年に完成した下部の壁を飾るフレスコ画はアーティストのレヴァン・ツツキリゼの作品でとても現代的です。大聖堂のすべてのイコンはジョージア語で書かれています。

PHOTO GALLERY