トゥシェティ国立公園

ヨーロッパで最大のトゥシェティ保護区域は2003年に設立されました。トゥシェティ国立公園(85,453ヘクタール)、保護景観地域(27,903ヘクタール)、州保護区(10,694ヘクタール)からなります。国立公園は、北東部のツシェティ山岳地域にあります。トビリシから205km離れており、アルヴァニからは120km離れています。アルヴァニからオマロまで長さ85kmの山岳道路は、丘陵地帯にあり、旅行者が運転することは困難です。国立公園のビジターセンターは、下オマロ(ローワー・オマロ)のコーカサス流域に位置しています。

国立公園の主要な動物は、アナトリアヒョウ、クマ、シャモア(南欧及び西部アジア高山に生息、牛科シャモア属、ヤギに似た動物)、ファルコン、ゴールデンイーグル、ヒゲワシ(ヨーロッパ南部・アフリカ・アジアの山岳地帯に生息、タカ科ヒゲワシ属の大形の猛禽類、くちばしの付根の周りに黒い羽毛がある)、オオヤマネコ、山羊、野生のヤギ、オオカミです。国立公園の主な業務は、公園内の動植物を保護し、50にも及ぶ遊牧民の利益を支援し、関連する歴史的建造物の保存を達成することです。また、エコツーリズムも奨励しています。

トゥシェティは、豊富な動植物の多様性だけでなく、美しい地形、伝統ある村々、石の塔(防衛塔)、郷土料理、民族文化が評価され、2011年に旅行雑誌「BudgetTravel」によって「誰も知らない12の最高の場所」の1つに選ばれました。

伝統的に、トゥシェとは羊飼いの意味です。トゥシェティアングダ(トゥシェティのチーズ)と高品質のウールは有名で、ヨーロッパとロシアに輸出されていました。今日でさえ、羊と牛の繁殖は、高地トゥシェティの経済の主要な柱です。地元の羊飼いは、トゥシェティの高原地帯で夏を過ごしますが、冬にはゼモ・アルヴァニ(ゼモは「上」の意味)とクヴェモ・アルヴァニ(クヴェモは「下」の意味)の低地の村に住んでいます。彼らの習慣と伝統は、他の東部ジョージア山脈のものと似ています(Khevsureti参照)。

コーカサス地域で最も生態系が損なわれていないトゥシェティは、山岳トレッキングで人気があります。

豚肉はトゥシェティでは禁忌とされています。農家は豚を育てず、旅行者にも豚肉を持ってこないように勧められます。しかし、地元の人々はトゥシェティに居ない時には豚肉を食べます。

PHOTO GALLERY