ジョージア(グルジア)
目的地 
+12
年齢
8 Days
期間
冬, 夏, 春, 秋
時期

アジア文化とヨーロッパ文化のが十字路交流する地に位置する ジョージア には、古代からのユニーク独特な文化が今でも生き残っています。お客さん来客をもてなす文化と料理は有名です。美しい高山帯地方のスヴァネチやカズベギから黒海沿岸で亜熱帯気候に属すると言われるバトゥミまで、 ジョージア の自然は多種多様です。またワインの揺りかご発祥の地としても知られています。8000年前のものと思われる土器の中からブドウの種が発見されています。加えてヨーロッパでは一番古い人骨(Homo Georgicus)も発見されています。
ジョージア 旅行をなさった方には、忘れることができない印象が残思い出になるでしょう。
ここで私たちのツアーでは東ジョージアと南ジョージアへのご案内をします。、文化、伝統、歴史的記念物、ジョージア郷土料理や、バラエティー豊かなジョージアワインをご紹介します。このツアーではブドウ収穫、ワイン造りも体験できます。訪れるのは、カルトゥリ地方、ヘビ地方(カズベギ)、カヘチティ地方、サムツヘ・ジャワヘチ地方です。独特な洞窟都市やユネスコ遺産に登録されている記念物などのジョージアの歴史遺産を訪問します。風変わり独特なワイン醸造法、地方各地方で異なる様々なワインの味もご賞味いただけします。
秋10月には年中行事のトビリソバ (ジョージア語: თბილისობა) が開催され、首都トビリシの多様性と歴史を感じることができます。
訪問地を地図で表します
日程

料金に含まれているもの 
 車両代 エアコン付き完備のミニバス、またはご指名希望の交通手段車両代
ツインルームご利用時の宿泊代 トビリシではベッツィ・ホテル、ヴァルジアではヴァルジア・リゾート、テラビではシャトー・メレ
食事代 1日、3食朝食・昼食・夕食の3食を含みます。
ガイド 全行程、英語ガイドがご案内しつきます。
その他 入場料金、ローカルガイド。お一人様につき1日1本のミネラルウオォーター。
 全行程中、24時間、ツアーマネージャーが24時間サポートいたします。
料金に含まれないもの
国際便フライト料金
旅行保険
1人部屋利用時の追加料金
アルコール飲料
上述されていないサービス
1

1日目: トビリシ

トビリシ国際空港到着ロビーにてスタッフがお待ちしています。お客様ご到着後、ホテルまでご案内いたします。

2

2日目: トビリシ市内ツアー

トビリシ市内ツアー 旧市街と新市街。旧市街からツアーを始めます。メテヒ教会から煉瓦作りのドームが特徴の天然硫黄温泉、ナリカラ要塞に登ってムトゥクヴァリ川の渓谷とトビリシの町をを眺めます。その後、シナゴーグ、シオニ教会、旧市街の端にあるアンチスハチ教会を訪問します。新市街へ向かいジョージア国立博物館、ルスタヴェリ大通り(トビリシのメインストリート)を歩き国立美術館を見学します。さらに正教会としては世界で3番目に大きい聖サメバ大聖堂を訪問します。地元の情緒あふれるレストランで夕食になります。ジョージアの郷土料理とワインをご賞味いただきます。宿泊:トビリシ

3

3日目: トビリシ-ムツヘターアナヌリ-ステパンツミンダ-トビリシ

朝食後、ジョージアの古都ムツヘタを訪問します。ここではユネスコ文化遺産のジュヴァリ修道院(6世紀)、スヴェティツホベリ大聖堂を見学、ジョージア軍用道路を北上します。湖畔に立つ美しいアナヌリ複合教会は17世紀の建立です。グダウリから峠を越えてテレク川沿いの山岳道路はとてもエキサイティングな道のりです。カズベギ村で4WD車に乗り換えて、標高2170mの丘の上に立つ秀麗なゲルゲティ・サメバ教会を訪問します。好天に恵まれれば万年雪に覆われたカズベギ山(標高5047m)の雄姿を楽しむことができます。トビリシに戻り地元レストランで夕食になります。宿泊:トビリシ

4

4日目: ゴリ-ウプリスツィヘ-アハルツィヘ-ヴァルジア

朝食後、ゴリへ向かいます。ゴリ市内のスターリン博物館とゴリ郊外のウプリスツィヘ石窟都市遺跡(紀元前10世紀)を見学します。その後、リゾート地のボルジョミ公園、アツクリ要塞(9世紀)を見学し、アハルツィヘではラバト宮殿を訪問します。夕方にヴァルジアに到着します。宿泊:ヴァルジア

5

5日目: ヴァルジア-ヘルトヴィシ-アハルツィヘ-トビリシ 宿泊:トビリシ

このツアーのハイライトの1つ、ヴァルジア石窟都市(12世紀)を探索します。約3000の洞窟には、かつて5万人が住んでいました。フレスコ画が美しい石窟教会には驚かれるでしょう。7世紀建立のヴァニ修道院、ヘルトヴィシ要塞(10世紀)を見学後、夕方トビリシに戻ります。宿泊:トビリシ

6

6日目: ダヴィッドガレジ-シグナギ-テラビ

数十世紀の歴史を誇るカヘティのワイン文化を探ります。

朝食後は、半砂漠状態に乾燥している地域にあるダヴィドガレジ複合修道院を訪問します。この修道院は6世紀にダヴィッド司教によって拓かれました。その後、19の修道院になるほど繁栄を極めました。ジョージアの精神的な支柱の1つと考えられています。

次はシグナギへ向かいます。シグナギはアラザニ平原と大コーカサス山脈の眺めが素晴らしい18世紀に創立された町です。オーガニックで伝統的な手法のワイナリー・レストラン「キジの涙」(pheasant’ tears)で昼食とワインテイスティングをお楽しみいただきます。

ツィナンダリ庭園博物館の素晴らしい庭園を散策。旧貴族で軍人のアレクサンドル・チャフチャヴァゼの邸宅のワインセラーには16500本にも及ぶ貴重なワインが保存されています。

カヘティワイン至高の村クワレレの優雅ななテレダ・ワイナリーでユネスコ無形文化遺産に登録されている、地中の甕「クエヴリ」で醸造保存されるジョージアワインをお楽しみください。宿泊はテラビ郊外のシャトー・メレ。ジョージアの古城を再現したホテルでのジョージア郷土料理と素晴らしい景観をお楽しみください。

7

7日目 テラビ-トビリシ

ワイン造りの歴史の古いイカルト修道院(6世紀)、11世紀にワインセラーを常設したアラヴェルディ修道院。アラヴェルディ修道院のブドウ畑は広大で100種類以上の様々なブドウを育てています。ネクレシ修道院(4~6世紀)も訪問します。

その後、ハレバ・ワイナリーまたはシュミ・ワイナリーを訪問し、ぶどうの収穫やワイン造りにご参加いただけます。ジョージア風の串焼肉、パンづくり、ぶどうの絞り汁でつくるジョージアの伝統的なお菓子「チュルチュヘラ」作りをご体験いただき、カヘティ地方の郷土料理とカヘティワインをお楽しみください。夕方トビリシへ戻ります。

8

8日目: トビリシ

お客様のご出発のお時間まではフリータイムとなります。ご出発のお時間に合わせてトビリシ国際空港までお送りいたします。

ジョージア

Tour Reviews

There are no reviews yet.

Leave a Review

Rating