ジョージア(グルジア)
目的地 
+12
年齢
7 Days
期間
夏, 春, 秋
時期

メテヒ教会(12-13世紀)、天然硫黄温泉地区、シオニ教会(7-19世紀)、ナリカラ要塞(4世紀)、アンチスハチ教会と鐘楼(6-18世紀)、ユネスコ遺産登録、ウプリスツィヘ石窟都市(紀元前1000年)、バグラティ大聖堂とゲラティ修道院(ユネスコ遺産)、ゴニオ要塞(紀元前3世紀)、バトゥミ植物園
ジョージアは小国ながらも標高差が非常に大きいな国なので、その植生はバラエティに富んでいます。また、その地理的な位置関係から、中央アジア、ロシア、トルコ、イランの影響を受ける一方、コーカサス特有の固有種がたくさんあり、固有植物は4200種に及ぶと言われています。牧草地や山裾などの美しい花々だけでなく、美しい景色もお楽しみんでください。

ツアー料金に含まれるもの
交通費 エアコン装完備の専用車、または ご要望希望の交通手段
ホテルのツインルームご利用の宿泊代 4または3つ星クラスになりまです
食事代 1日、朝食・昼食・夕食の3食を含みます
その他 日本語ガイド、、入場料、、ローカルガイド、
お1人様あたりにつき1日2本のミネラルウオォーター
ツアー料金に含まれないもの
旅行保険
シングルルーム利用時の追加料金
テイスティング以外のアルコール飲料
上述されていないサービス

 

1

1日目:トビリシ到着

空港でお出迎えしてホテルまでお送りします。トビリシ国際空港到着ロビーにてスタッフがお待ちしております。お客様ご到着後、ホテルまでご案内いたします。
トビリシ市内観光-はメテヒ教会から始めます。橋を渡りレンガ造りのドームが特徴の天然硫黄温泉地区から丘の上にあるナリカラ要塞に上がり向かい、ムトゥクヴァリ川の渓谷とその両側に広がるトビリシ市内の町を展望します。つぎにシナゴーグ、シオニ教会とアンチスハチ両教会を見学し、新市街へ向かいます旧市街から出ます。ルスタヴェリ大通り(トビリシのメイン・ストリート)の国立博物館宝物館を見学のあと後、正教界会では世界で3番目に巨大な聖サメバ大聖堂を見学します。夕食は地元のレストランで、ジョージア郷土料理とワインお楽しみくださいです。宿泊 トビリシ

2

2日目: トビリシ-ムツヘタ-アナヌリ-ステパンツミンダ-トビリシ

朝食後、旧古都ムツヘタではユネスコ遺産のジュヴァリ修道院とスヴェティツホベリ大聖堂を訪問、ジョージア軍用道路を北上し、アナヌリでは17世紀建立の要塞複合教会を見学します。グダウリから峠を越えテレク川沿いまでは素晴らしい景色が連続するく山岳道路です。
ステパンツミンダ(旧カズベギ)村で4WD車に乗り換え、標高2170mの丘の上に立つゲルゲティ・サメバ教会を訪問します。天候が良ければ、ここからコーカサ
ス山脈の万年雪を被った名山カズベギ山(標高5047m)の絶景がご覧になれます。絶好のシャッター・ポイントです。トビリシに戻り、夕食はトビリシに戻ってからの地元のレストランで夕食になります。宿泊 トビリシ

3

3日目: トビリシ-ゴリ-クタイシ

朝食後、ゴリのスターリン博物館あるいはとゴリ郊外のウプリスツィヘ石窟都市を見学します。昼食はゴリで。そのゴリでの昼食後、ジョージアで2番目の大都市クタイシのバグラティ大聖堂とゲラティ修道院(ともにユネスコ遺産)を見学します。地元のローカル色の濃いレストランで夕食になります。宿泊はスパ・リゾート都市地ツカルトゥボのにある「ツカルトゥボ・プラザ」ホテルになりまです。

4

4日目: クタイシ-メスティア

朝食後、プロメテウス洞窟を探検。昼食はクタイシで昼食す。その後、スヴァネチティ地方のメスティアを目指しますへ向かいます。スヴァネチティ地方は美しい山岳地帯で、中世からの伝統文化が息づく地方を残しているところです。ホテルでの夕食となります。と宿泊は メスティアのホテルで。宿泊 メスティア

5

5日目: メスティア-ウシュグリ-メスティア

4WD車で、ヨーロッパ最高峰シュハラ山(標高5200m)のふもとの村ウシュグリ(標高2350m)を見学します。ここは高山植物の宝庫です。景観とともに良い最高の写真が撮れるでしょう。宿泊 メスティア

6

6日目: メスティア-バトゥミ

本日はジョージアの最南西の港町、ヨーロッパ有数のリゾート地バトゥミを目指しへ向かいます。到着後、バトゥミ市内観光をお楽しみください。宿泊 バトゥミ

7

7日目: ご出発

フライトに合わせてバトゥミ国際空港までお送りしますお客様のご出発のお時間に合わせてバトゥミ国際空港までお送りいたします。
グループ・ツアーの料金(12名様の場合)

Tour Reviews

There are no reviews yet.

Leave a Review

Rating