ジョージア(グルジア)
目的地 
+12
年齢
13 Days
期間
夏, 春, 秋
時期

13日間&12泊

 

グルジアにまだ行った事がなくても、美しい風景や町、モニュメント、文化、優しい国民と美味しい料理やワインについて聞いたことがあれば、グルジアを探検してこの素晴らしい国を自分で感じるチャンスはいつか? 「今でしょう?」

 

  • トビリシ―古代に設立された現代の首都
  • ユネスコ世界遺産
  • 大コーカサス山脈
  • シルクロードの旅
  • 洞窟市と修道院
  • 大コーカサス山脈の景色を見てから次の日、黒海の亜熱帯の浜辺を訪ねる
  • 8000年の歴史があるグルジアのワインを味わう

 

料金に含まれているもの 
 快適なエアコンバスまたは乗用車(お客様の希望による)
 ホテルの朝食付きツインルーム代金
ツアー中の現地ガイドおよび日本語ガイドサービス、見学先の入場料
 毎日1人2本のミネラルウォーター(500ml)
料金に含まれないもの
 グルジアまでの航空券およびその他移動費、旅行保険
 ホテルの朝食付きツインルーム代金以外の追加料金
 食事中のアルコール飲料
 その他上述行程表内に記載のないサービス

Additional information

参加人数を選ぶ1, 10, 11, 12, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9
料金エコノミートラベル

1

一日目:トビリシ

トビリシに着いて、ホテルへ移動。トビリシのツアー―旧市街とニューシティー。町には多くの 観光スポットがあります。ツアーはホテルから散歩気分で古きトビリシを巡ります。メテヒ教会から硫黄温泉のレンガドームまで行き、グルジアで一番古いお城の一つでムトゥクワリ川を上から見れるナリカラ城へ。その後、ユダヤ教会堂、シオニ教会とアンチスハティ教会を訪ねれば旧市街の探索が終了です。夕食後は国立博物館を訪ね、トビリシのメイン通り―ルスダベリ通りを散歩します。夜はトビリシで泊まります。

2

二日目:トビリシ―ダビド ガレジ―ツィナヌダリ―テラビ

早朝ホテルを出発し、首都の東にある半砂漠でダビド ガレジ洞窟群を訪ねます。修道院を訪問してから五十分ぐらい車で運転し、素晴らしい洞窟都市を見に行きます。後で、地元のプリンスであったアレクサンドレ チャブチャバゼの綺麗に復元された荘園へ行き、その父親が作った19世紀のガーデンを訪ねます。この家と公園はグルジアの19世紀の詩人と芸術家が集まる場所でした。カヘティのワインが造られているワイナリーも当地で訪ねます。夕方はテラビに到着し、宿泊します。

3

三日目:グランド·ワイン

朝、グレミ修道院(16世紀)の訪問から始め、ネクレシ修道院へと旅を続けます。地元のファームハウスで温かい歓迎と家庭料理やワインを味わいます。次は、ワイナリーへ行き、ヨーロッパのスタイルのグルジアワインもテイスティングしましょう。その後、300年前に出来た古いワインセラーを訪ね、ヨーロッパの造り方と大分違っているグルジアのワインの造り方について学び、伝統製法である土に埋っている陶器に入っているワイン(クベヴリワイン)を直接飲んでみましょう。夜はテラビで泊まります。

4

四日目:テラビ―ムツヘタ―グダウリ

西へ向かい、グルジアの古都と宗教的な中心であるムツヘタ(3000年の町)を訪ね、歴史的な場所を見に行きます。ジュワリ教会(6世紀)とキリストの聖衣が埋められていると言われているスベティツホベリ教会(11世紀)。両教会ともユネスコ世界遺産です。その後、町の遺跡を訪問してから、北の大コーカサス山脈へ向かい、有名な軍用道路を使って旅を続けます。途中で17世紀のアナヌリ教会と要塞を訪ねます。夜はグダウリのスキーリゾート(2200m)で泊まります。

5

五日目:グダウリー―カズベギ―グダウリ

テレク川沿いに運転しながら地方の主な町―カズベギへ行きます。カズベギからゆっくり二時間歩いて美しい森や谷を通り、ゲルゲティの三位一体教会に着きます(標高2170m)。もし天気が良ければ、コーカサス最高の氷河の一つ―カズベギ山(5047m)を見える事ができます。町に戻り、グダウリに帰るまでには地元の村でフェルトの展示会を訪ねます。グダウリのスキーリゾートでまた一泊します。

6

五日目:グダウリー―カズベギ―グダウリ

朝はカルトリ地方の中心であるゴリ市へ向かい、歴史的なランドマーク―スターリン博物館とウプリスツィヘ洞窟市(西暦紀元前千年)―シルクロードのポイント―を訪ねます。ゴリからメスへティ地方へ続き、バクリア二スキーリゾートの山や森を通ってミネラルウォーターで有名なボルジョミ市に着きます。夜はバクリア二のリゾートで泊まります。

7

七日目:バクリア二―バルジア―バクリアニ

朝はバルジアへ行きます。12世紀の素晴らしいバルジア洞窟市はツアーのハイライトの一つです。途中で10世紀のヘルトビシ要塞、7世紀の洞窟修道院バニス クワベビ、ラバト城とアツクリ教会と要塞を訪ねます。終わってからバクリアニで再び泊まります。

8

八日目:バクリアニ―クタイシ

朝は西グルジアのイメレティ地方―ギリシャ神話の中で、金の羊毛を探してジェーソンアルゴノートが訪ねたという所―へ向かいます。国内二番目の都市で、3000年の歴史がある美しいクタイシ市を訪ねます。ユネスコ世界遺産―山にあるバグラティ教会(11世紀)と自然洞窟を訪問します。夜はクタイシで泊まります。

9

九日目:クタイシ―メスティア

朝はゲラティ教会(12世紀)―ヨーロッパ最古の宗教学院(ユネスコ世界遺産)を訪問。そして、スバネティ地方という旅の一番魅力的な場所に向かいます―最高の山や氷河、昔の伝統が守られる地方です。途中でユネスコ画が内壁・外壁両方に描かれているレンゼリ教会を訪ね、地方の中心市のメスティアに着いたら伝統的なスワンの家と望楼に行きます。夜はメスティアで泊まります。

10

十日目:メスティア―ウシュグリ―メスティア

三時間の旅の後、ヨーロッパ最高地点に人が住んでいる村―ウシュグリ(2200m)に着きます。ウシュグリと北スバネティは両方ともユネスコ世界遺産です。村の主なポイントは中世の望楼の多さとグルジア最高の山―シュカラの素晴らしい景色です。ウシュグリではラマリ教会を訪ねてから小さい山を上り、タマル王女の塔を訪問します。夕方はメスティアに帰り、当町で再び泊まります。

11

十一日目:山リゾートメスティア―海岸バトゥーミ

大コーカサス山脈から一気に、ヤシの亜熱帯海岸、柚子グローブと茶畑へ下って参ります。途中でエングリ水力発電所、そしてその後、ズグディディ市でダディアニ(昔のグルジアの王子)宮殿を訪問します。夕方はバトゥーミに到着し、夜当市で泊まります。

12

十二日目:バトゥーミ

朝は個人の民族誌を見て植物園を訪ねます。ツアーは一世紀のゴニオ城見学へ。後で民族学博物館を訪問してからはフリータイムです。またバトゥーミで泊まります。

13

十三日目:バトゥーミ発

Tour Reviews

5.00 based on 1 review
5月 29, 2017

タムナさん、運転手のダトさん、ズラさん、このたびは本当にお世話になりました!
中世ジョージアの歴史にずっと憧れていて、念願叶いついに初の訪問を果たしたのですが、SAKURAトラベルの皆様のおかげで、本当に夢のような体験をすることができました。
4月30日から5月4日までの5日間、トビリシ~ムツヘタ~ウプリツィヘ~クタイシ~メスティア~ウシュグリ~トビリシと、様々な地方に連れて行っていただきました。自力で行くのが難しい場所にも、何の心配もなく訪れることができたばかりか、ガイドのタムナさんはじめ運転手さんたちも自国の歴史にとてもお詳しく、興味深いお話をたくさんうかがうことができました。深い歴史のある教会や建物、各地方ごとに特色のある料理、素晴らしい自然はもちろん、ジョージアの人たちが自分の国をとても愛していることを肌で感じられたことに一番感動しました。
これからまた何度でも訪れたいと思います。皆様に再びお会いできることを楽しみにしています

Leave a Review

Rating