サムタブロ修道院
ツアープランナー

サムタブロ修道院

サムタヴロ修道院

サムタヴロ修道院は、ジョージア王室の戴冠と葬儀が行われる場所です。ジョージア最初のキリスト教の王、ミリアンと妻ナナはこの場所に埋葬されています。主要教会はサムタヴロ教会で、聖ニノ教会(4世紀)は11世紀にジョージ1世とカトリック総主教メルキセデクによって建て替えられました。北西には13世紀の3階建ての鐘楼が立てられています。南西部の建物は、ジョージア正教会の修道院と神学校の両方として機能してきました。

このウェブサイトはクッキーを使用しています さらに詳しく.