エレバン

世界にはエレバンほど古い都市はありません。2018年には2,800周年を迎えます。この古代都市は紀元前782年、古代ウラルトゥ王国の王アルギシュティ1世の時代までさかのぼります。彼はアリンベルドの丘に要塞を建て、それを エレブ ニと名づけました。 エレバン の名は、その要塞から取られています。考古学者によってアリンベルドの丘から発見された古代の石板は、 エレバン の出生証明書になりました。その石板には、楔形文字で次のように書かれています。「偉大な神ハルディ・タスル・アルギシュティの助けを借りて、メヌア(ウラルトゥ王国の王)の息子(アルギシュティ1世)はこの強力な要塞を建設し、それをエレブニと名づけた」これはローマ発祥の29年前になります。

モダン都市エレバンは、300平方キロメートルの面積を占める美しいアララト平野にあります。街の中心にある共和国広場から放射状に広がる大通りと、中心街を囲む公園道路の環でレイアウトされています。北から西へラズダン川の峡谷が交差しおり、絵のような公園、湖、滝、カフェ、レストランが点在します。あなたは アフタナク橋を使って峡谷を渡ることができます。途中で止まると、街の最も美しいパノラマが楽しめます。色あせた凝灰岩の家々は、通りに彼らの並外れた多様性をもたらします。遠くから住宅は色のついたブロックでできたおもちゃのように見えます。 アフタナク橋から右にメスロプ・マシュトツ通りの 2kmにわたって伸びるエレバンのメイン通りが始まります。 アルメニア ・アルファベットの発明者にちなんで命名されたメスロプ・マシュトツ(かつてはレーニン通りまたはプロスペクト)は、街のすべての文化生活の中心です。数多くの美術館・博物館、オペラハウス、バレエ劇場があります。通りの終わりには、アルメニアの古代写本が保存されているマテナダラン(古文書館)があります。

マテナダラン(古文書館)の建物裏には、剣を手にした女性の像「アルメニアの母記念碑」があります。

中心街は公園道路の環で囲まれており、政府の建物に囲まれた共和国広場その中心にあります。博物館の複合施設(アルメニア国立美術館、歴史博物館、文学芸術博物館、エレバン歴史博物館、ロシア芸術博物館、近代美術館)や、その他の興味深い場所も共和国広場にあります。

Photo Gallery

Sakura ツアー

[cs_nearby_map places=”art_gallery,museum,amusement_park,park,bar,cafe,restaurant,night_club,casino”]