ゴリにようこそ

ゴリについて

ゴリは、ジョージア東部の都市で、シダ・カルトリの首都として有名です。 ジョージア語でゴリは「丘」の意です。 ゴリは2つのことで多くの人に知られるようになりました。 1つ目は、スターリンの出生地です。 2つ目は、2008年の南オセチア紛争の際、ロシア空軍による爆撃を受けました(死傷者が出ています)。ここではスターリンの影響が強く、ゴリで最も興味深い見所はスターリン博物館です。

ヨシフ・スターリンの出生地として知られたゴリとその近郊には、数多くの素晴らしい文化的、歴史的建造物があります。ゴリの町の中心部を見下ろす丘の上には、長い歴史を持つゴリ要塞があります 別の丘の上には、18世紀の有名な巡礼地ゴリジュヴァリ教会があります。ゴリ近郊には、古代の岩で覆われた町、ウプリスツィの洞窟住居跡と7世紀のアテニシオニ教会があります。