ウプリスツィヘの洞穴住居跡

ウプリスツィヘ – 「神の砦」を意味する紀元前1000年の初頭から人々が住んでいたとされる古代の洞窟都市。 重要な貿易ルートの交流地点に位置していました。 異教の中心地であり、ホール・洞窟・劇場・祭壇・異教の寺院・秘密のトンネル・刑務所・薬局・通路のすべてが石で造られた4ヘクタールにもなる洞窟都市遺跡です。ウプリスツィヘには4つの門があり、東・北側には都市を取り囲む防護堀が備えられていました。「タマラ女王のレセプションホール」には、2列になった巨大なアーチ型の壁龕と支柱が残っています。 その巨大さ、計算された高度な技術と優雅な建築様式は圧巻です。建物跡、ワイン貯蔵庫、寺院や要塞跡、水の供給に使用されていた秘密の地下トンネルは当時の姿を残しています。

ウプリスツィヘは多宗教都市であり、ジョージア(4世紀)にキリスト教が導入される以前は異教の中心地でした。 最盛期には2万人が生活をしていました。その後、キリスト教の教会も建てられ、9~10世紀には、3つの正教会聖堂が建てられました。 13世紀になり、ウプリスツィヘはモンゴル帝国チンギス・ハン軍の激しい侵略の結果、滅ぼされました。

19世紀、ウプリスツィヘは土の中で眠っていました。しかし、ジョージア歴史研究における素晴らしい歴史的建造物のウプリスツィヘは多くの専門家が多大な努力を費やし、発掘・清掃・補強・復元されます。その結果、ユネスコの歴史的建造物保護リストに登録されました。

PHOTO GALLERY