ヤナル ダグ(燃える山)
ツアープランナー

ヤナル ダグ(燃える山)

ヤナル ダグ(燃える山)


アゼルバイジャンは天然ガス・石油の国として有名です。地中から噴き出す天然ガス(天然ガスベント)が燃え続けるヤナル ダグ(燃える山)は4000年前から燃え続けています。この現象は、13世紀にヴェネツィアの探検家マルコポーロがこの地域を訪れた時から知られています。この地域は拝火(ゾロアスター)教徒にとって非常に神聖な場所であり、多くはこの地で礼拝が行われました。天然ガスベントのもう1つの観光スポットはアテシュギャーフ(拝火教寺院)であり、非常に有名です。

ヤナル ダグ(燃える山)はカスピ海のアブシェロン半島に位置しています。この素晴らしい光景は首都バクーから近く、観光客に人気の観光スポットの1つです。山が魔法で燃えていると想像してみてください。近くのベンチに腰を下ろし、この素晴らしい壮観な景色を楽しめます。また、夜のヤナル ダグ(燃える山)は最も美しい場所になります。4000年前からこの地は、雨の日も雪の日も強風が吹きすさぶ日でさえも炎が消えることはありませんでした。この現象が解明された現代でも、ヤナル ダグ(燃える山)は神秘的に感じます。しかし、昔の人々は神の光と思い恐れていました。拝火(ゾロアスター)教徒たちはこの炎が消えるとき、神罰が下るとも考えていました。

 首都バクーからわずかな時間で訪れることができるヤナル ダグ(燃える山)は、アゼルバイジャン観光では忘れてはならない観光スポットです。この素晴らしい景色をぜひご覧ください。

このウェブサイトはクッキーを使用しています さらに詳しく.