trip_planner

ワイン誕生の地 – ジョージア(グルジア)クヴェヴリワイン

19 February 2019

8000年の歴史、クヴェヴリワインの伝統製法

ジョージアは世界で最も古いワイン生産地域のひとつです。トランスカフカスの肥沃な渓谷と大地には、少なくとも8000年間のブドウ栽培と新石器時代からのワイン生産がありました。ブドウはジョージア人たちの文化の中心であり、この国の宗教にも密接に結びついています。ジョージアの家族は自分のブドウを栽培してワインを生産するのが一般的で、祝福とおもてなしは、ジョージア文化の中心的な柱です。ジョージアには500種以上のブドウがあり、世界中のどこよりも多様性があり、約40種の品種が商業ワイン生産に使用されています。オーガニックワイン製造に関心が高まっている現在、ジョージアの古くからのワイン製造法に大きな関心が寄せられています。このワイン製造の方法は7000年以上前にさかのぼります。クヴェヴリと呼ばれる土器の壷でブドウを発酵させるという古代からの伝統製法は、ユネスコの無形文化遺産に登録されました。



see_all_posts
this_website_is_using_cookies more_info.